音楽-イベント情報

音楽の仕事で学んだこと メンタル 式場編|バルブオイル

こんばんは、シュンです。
タイトルがシリーズっぽくなっていますが次があるのかはわかりません。(笑)
今日は結婚式場での演奏がありました。
今回は私の音楽人生で経験してきた体験談を備忘録を兼ねて知ってもらえたらと思い書きました。
音楽業界の諸先輩方、未熟者の浅はかな知識と戯言でありますのでご容赦いただけますと幸いです。

音楽を学んできた人はどんな働き方があるのでしょうか?
音楽教室での講師や学校の外部講師、または教員免許を取得し教員になる方もいます。他にライブやコンサートの開催、またはその賛助出演。パーティーや式場での演奏、レコーディング、バンドサポーターもあります。活躍の場は沢山ありますがプレーヤーやティーチャーが中でも多いです。そして、それらで生計を立てるのは本当に大変です。他にはそれらの事務サポートやマネジメントをする側になる人もいます。私も今はサラリーマン業でコンサートの企画運営や事務作業などにも携わっています。

今回は私が音楽大学を卒業して、初めて式場演奏に関わった時のことに焦点を当ててお送りします。

ブライダル演奏のきっかけ

私は大学を卒業してから今までずっとブライダル演奏をしています。始めたきっかけは大学の先輩からの紹介です。まだ進路について何も考えていなかった頃、学年的には入れ違い以上の先輩から「式場演奏をやってみない?」という連絡を頂いたのがきっかけでした。演奏出来る機会が欲しかった私は大学まで来てくれた先輩に話を聞き、一緒に練習をさせて頂き、不安と期待が交りながらその時間を過ごしました。

ピッコロトランペットとの出会い

ただ一点、普通のトランペットではなく「ピッコロトランペットが必要だ」という事がありました。
ピッコロトランペットとは普通のB♭トランペットの1オクターブ上の音域をコントロールする楽器です。決して1オクターブ上が楽になる!と言うことではありません。
楽器の紹介はさておき、その当時、私はピッコロトランペットを持っていませんでした。学生生活でも1度しか本番で演奏したことがない代物です。私は師匠に話し、良し悪しも分からないまま必要だからと楽器屋さんを紹介して頂き、即購入しました。考えてみればこれが初めて仕事を意識した自己先行投資だったと思います。
まだ1オクターブも吹きこなせないながらも音の立ち上がりや音色、金銀のツートンカラーの見た目など気に入っていました。

デビュー戦!ピッコロトランペット&ブライダル演奏

そして迎えた式場での演奏。海辺の見えるウッド調が素敵な式場でデビュー戦です。
式場によっては、開催ファンファーレから新郎入場、新婦入場、承認の拍手でのファンファーレや新婦新婦退場、フラワーシャワー、ブーケトスなど、演奏のタイミングはいくつかあります。
当日、リハーサルで一通りの流れを確認し、本番です。大学卒業して初めて、人前でMyピッコロトランペットを演奏するというのはとてつもない緊張感でした。そしてこの時のお客様、新郎新婦がまた物凄い美男美女で!(笑)モデルさんとレースクイーン嬢だったかな。ゲストの皆さんもみんなキマっていて…完全にヒヨリマシタ…。
肝心の出来はというと…玉砕です、これ以上ない見事なまでの玉砕。。。
何を吹いているのかも分からないほどグシャグシャになりました。ゲストも完全に分かったことでしょう。人の1番幸せな瞬間にやらかしてしまった自分をとても情けなく思い、何度も落ち込みました。

それでも続けられたのは?

どんな機会でも演奏者がいると言うことはそれを聴く人もいると言うことです。
中でもブライダル演奏はお客様の祝福の場に花を添えます。私が仕事の重みを痛感した瞬間でした。
申し訳ない気持ちととても悔しかった想いが溢れ、折角買ったMyピッコロトランペットをもっと気持ちよく吹きたい!聴いてもらいたい!と言う想いへ変わりました。

練習、本番への取り組み方は自分次第

それから私は演奏楽曲のキーに特に制限が無かったので、ファンファーレのキーを確実に音が出せるところまで下げて以降臨みました。どのキーでも演奏出来るように練習し、子供の補助輪の様にコンディションに合わせて元キーに近づけて、と回数を重ねてきました。そうしてようやく元キーかつどんな時でもしっかり意識を持った演奏をする事、こんな当たり前のことをようやく持つことができました。

どんな機会でもその日の為に練習をするのは勿論ですが、メンタル面やシチュエーションのイメージ、イレギュラー時の対処法などを考えることが出来るようになってきて初めて、それまでと異なるやり甲斐を感じることができました。

自信ややり甲斐は更に広げられる

そうして周りを見て演奏ができる様になってくると、新郎新婦の歩く速度やブーケトスをキャッチする瞬間、または落としてしまった瞬間に演奏で対応する事は勿論、ゲストへの誘導案内やカメラマンの歩くルートなど今まで見えなかったことにも気がつく様になりました。
そして会場スタッフとの距離も少し近くなりスタッフが何に気を取られているのか、何に手が足りていないのかなど、それに応えてあげられる事もあったりと、一見音楽に関係のないことの様だけれど、実はとても重要だったという事も見えてくる様になりました。

まとめ

長々と書いてきましたが、今日現場で、どうして今まで続けられてきたのか、と考えていたところ、こんな事が頭の中で思い出されたので備忘録を兼ねて書いてみました。

どんな事でも何かを始める最初は期待と不安が入り交じり、大きな失敗、小さな失敗を繰り返して、それをバネにしてリベンジしていくうちに沢山の大事なことが見えてくる、そうやって大切なものが自分の中にまた1つ増えていきます。皆さんも今の自分を作っている過去の自分を思い出してあげると(初心に帰ると)また違った見え方を発見できるかもしれませんね。

今回は何か役に立つ物を紹介することはできませんでしたね。
それでは今回は私が使っているバルブオイルをご紹介します(笑)
いくつものバルブオイルを乗り換えて最終的に今はずっとこのヘットマンを愛用しています。
乾くのが少し早いですがピストンの動きはとても軽くなります。他のものに比べると値段は少し高いですが質が良いのであまり感じていません。
今度は今まで使ってきたバルブオイルの紹介をしましょうかね。

今回もまた最後までご覧頂きましてありがとうございました。

インターネット回線をauひかりからNURO光に変更前のページ

埼玉県、御影石の旅|石の魅力、スピーカー音質改善、生サブレ、白鷺宝を紹介次のページ

関連記事

  1. 音楽-イベント情報

    出演情報|2018年4月14日(土)|7th いせはら芸術花火大会|伊勢原市総合運動公園

    7th いせはら芸術花火大会伊勢原市総合運動公園(自由広場)…

  2. 音楽-イベント情報

    出演情報|2018年11月25日(日)|JAZZ ENSEMBLE 阿夫利 結成20週年記念コンサー…

    結成20週年記念コンサート伊勢原市民文化会館 大ホール2018…

  3. DIY

    埼玉県、御影石の旅|石の魅力、スピーカー音質改善、生サブレ、白鷺宝を紹介

    みなさんこんにちは、シュンです。今日は先日埼玉県へ行ってきた時のこ…

  4. 音楽-イベント情報

    出演情報|2017年5月21日(日)|第30回まが玉祭|三之宮比々多神社

    第30回まが玉祭三之宮比々多神社2017年5月20日(土)13…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP